MatNaviは高分子、無機材料、金属材料、超伝導材料、複合材料の構造・物性ならびに拡散データを発信する世界最大級の材料データベースサイトです。

界面熱伝達率データベース (ITC)

概 要

一般の固形物質において、熱は格子の振動(フォノン)と電子運動によって伝わります。 しかし、複合物になると二つの異なる物質の接点で反射や散乱が起こり、界面熱抵抗が生まれます。

界面熱抵抗は複合材料や電子デバイスの熱伝導率や熱分布に大きな影響を与えます。 それはさらに、熱応力、体熱衝撃性、エネルギー転送/変換効率などに影響を与えます。 したがって、電子デバイス熱設計と複合材料の設計をする上で、界面熱抵抗は非常に重要になります。

しかし、界面熱抵抗の測定は非常に難しく、報告されているデータも少ないのが現状です。 界面熱伝達率データベースは、界面熱抵抗の評価をするために開発されました。 このプログラムでは、界面の両側の結晶構造、ヤング率(縦弾性係数)、音速のデータを利用して、 フォノンミスマッチモデルにより界面熱抵抗を計算し、約1000種類の界面の熱抵抗を掲載しています。

注意事項

  • このデータベースシステムの著作権は,国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)にあります。
  • このデータベースシステムをNIMSに無断で転載、複製、第三者へ配布することを禁止します。
  • このデータベースシステムの使用により使用者が被ったいかなる損害に対しても、NIMSは一切の責任を負いません。

必須環境システム

対応OS Windows 7以上
対応ブラウザ Internet Explorer 8以上, Firefox 27以上

l 個人情報の取り扱い l    Ver.4.0